~ いくつになっても魅力あふれる毎日を ~

名古屋城の金鯱 特別展覧まだ間に合う!? 地上に降臨16年ぶり 御利益あるかも

お出かけ・イベント
お出かけ・イベントおうちパワスポ

名古屋と言えば名古屋城! 名古屋城と言えば金鯱!と言われるほど、名古屋のシンボルでもある金鯱です。

▶名古屋城について、詳しくは たびノートでチェック♪

いつも名古屋城の天守で煌びやかに輝いていた金鯱が、2021年2月から見えなくなっていましたね。

なぜかというと、3月20日から始まる「名古屋城春まつり」期間中に開催される『名古屋城金鯱展』で展示されるため、1月下旬から金鯱の取り外しに向けて、工事が着々と始まっていたのでした。

地上で間近に金シャチを見られるのはいつまででしょう?貴重な機会をお見逃しなく!

金のしゃちほこ伝説

天守に鎮座する「金のしゃちほこ(金鯱)」は、元々、城を火災から守る厄除けの意味がこめられていたと伝えられています。

2017年に犬山城のしゃちほこに落雷があった時、しゃちほこは焼けて壊れてしまいましたが、それ以上の被害は犬山城やその周辺にありませんでした。まさに厄除けの神様なんです。

そこで今回は、疫病退散と復興への道に導くシンボルとして、金鯱は地上に降臨することとなったのでした。

↑ 1月中旬の名古屋城

ちなみに金鯱は雌雄一対で、初代は慶長大判1940枚分の金が使われたと伝えられていますが、1945年の空襲で一度、天守とともに焼失してしまいました。

その後、1959年に復元。雌雄とも高さ約2.6mで、それぞれ約44kg、2体合わせると計約88kgの18金が使われているそうです!

姿が隠れていった金鯱

2月1日から、天守閣の屋根上に、金鯱の取り外しのための足場や囲いが設置されることによって、金鯱が徐々に見えなくなっていきました。

 

金鯱が地上に降臨

3月8日(月)の午前7時から9時にかけて、ヘリコプターで金鯱を地上に搬送する作業が行われました。

↑取り外しの様子(写真:中日新聞)

金鯱がいない天守閣

昭和34年の天守閣再建以降60年以上の長い歴史の中で、「金鯱がいない天守閣」というのは、これまででも貴重なこと。

1回目は1984年(昭和59年)の名古屋城博のときで、9月17日~12月6日の81日間、
2回目は2005年(平成17年)の「愛・地球博」のときで3月3日~7月9日の129日間、という、ごく限られた期間だけでした。

いつ金鯱は戻ってくる?

今回、金鯱が地上に降りるのは16年ぶりになりますが、過去2回とも城内のみでの展示でした。

しかし、今回は2体の金鯱が約3か月間にわたって名古屋城を離れるという、城外長期展示は約150年ぶり!という大イベントです。

なので、天守に金鯱が戻ってくるのは7月中旬、金鯱の再設置工事が終了し、通常の天守の姿に戻るのは8月中旬以降となります。

名古屋城金鯱展

3月20日(土・祝)から4月2日(金)まで、名古屋城二之丸広場で開催されます。

名古屋城に巨大アートギャラリーが出現し、海と山に見立てた会場に金鯱が展示され、間近で見ることができる貴重なイベントです。

展示エリアだけではなく、イベント限定のお土産販売エリア東日本大震災から10年という節目を迎える陸前高田市から、観光PRや物販・飲食ブースも出展され、時間をかけてゆっくりと楽しめる内容となっています。

イベント名名古屋城金鯱展
会場名古屋城二之丸広場(名古屋市中区本丸1)
アクセス地下鉄名城線 市役所駅7番出口から徒歩5分
時間9:30~16:30(本丸御殿への入場は16:00まで)
料金入園料:一般・大学生・高校生500円、市内在住の高齢者(65歳以上)100円 ※中学生以下無料
駐車場431台(180円/30分) ※ 土日祝日は県庁駐車場が無料開放
問合せ先052-231-1700 名古屋市観光文化交流局 名古屋城総合事務所
備考名古屋城春まつり 3月20日~5月5日 ※ライトアップは3月20日~4月11日の日没~19:30

名古屋城金シャチ特別展覧

4月10日(土)から7月11日(日)まで、金鯱は栄に移って展覧されます。

イベント名名古屋城金シャチ特別展覧
会場栄・ミツコシマエ ヒロバス
名古屋市中区栄3丁目5-10の先(久屋大通公園内)
アクセス地下鉄名城線・東山線 栄駅 東改札を出てすぐ
時間10:00~20:00(入場は19:30まで)
料金入場券:小学生以上500円 ※3月8日10時から販売開始
駐車場近隣有料パーキング多数あり
問合せ先052-221-0955 実行委員会事務局(中日新聞社社会事業部内 平日10~18時)
備考各種ステージなどもあり。詳細は公式HPにてご確認ください。

関連イベント
中津川・木曽地域特別巡回

なんと、今回、金鯱は名古屋を飛び出して、岐阜県まで行くそうです!

4月6日 10時30分から、長野県木曽町の「道の駅 木曽福島」に、同日14時30分からは岐阜県中津川市の「道の駅 賤母(しずも)」に金鯱一体が訪問し、名古屋城に縁の深い地域へのPRをしてくるそうです。

あとがき

普段とは違う名古屋城の姿もレアだし、地上に降臨する金鯱様のお姿を間近で見ることができるという機会も、とても貴重! それも7月11日(日)まで!

この機会に金鯱を間近で拝めるイベントに足を運んでみてくださいね♪

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました