~ いくつになっても魅力あふれる毎日を ~

カンパネラおじさんのピアノ練習法YouTube動画はどれ?【海苔漁師・徳永義昭】

カンパネラ,ピアノ練習法,YouTube,動画,海苔漁師,徳永義昭,フジコ,ヘミング,さんま気になる人・モノ
気になる人・モノ

突然ですが、「カンパネラおじさん」をご存知ですか?

日本のピアノ界で、彼を知らない人はいないのではないか?
というくらい、ものすごい偉業を成し遂げた方なんです!

ぜひぜひ、たくさんの方に知っていただきたい!

そこで今回は

  • カンパネラおじさん・徳永義昭とは?
  • カンパネラおじさん・徳永義昭フジコヘミングと共演!
  • カンパネラおじさんのピアノ練習法がすごい!使ったYouTube動画はどれ?
  • カンパネラおじさん・徳永義昭全日本ピアノコンクールに出場!
  • カンパネラおじさん・徳永義昭の奥さんはどんな人?

についてまとめていきたいと思います(^^)

カンパネラおじさん・徳永義昭とは?

カンパネラおじさんと呼ばれている、徳永義昭さんとはどんな方なのでしょうか?

プロフィールをご紹介します。

  • 名前:徳永義昭(とくながよしあき)
  • 居住地:佐賀県佐賀市
  • 生年月日:1960年(2021年現在 61歳)
  • 職業:海苔漁師

この徳永義昭さんが全国区で有名になったきっかけは、
何といっても「さんま玉緒のお年玉!あんたの夢をかなえたろかSP」
に出演されたことではないでしょうか。

たまたまインタビューを受けた徳永さんの妹さんが番組にお願いした夢。

それは

「兄のピアノ演奏をフジコ・ヘミングさんに聴いていただきたい」

というものでした。

カンパネラおじさんになるまで…

海苔漁師の徳永義昭さんは、もともとクラシックには
全く興味が無く、漁師仲間とお酒を飲んで演歌を歌うのが好きでした。

そして、そのころの趣味はパチンコ。

漁の落ち着いている時期には、暇を持て余してパチンコばかりで、
お小遣いも底をついてしまうなんてこともしばしば。

こんなことではいけないと、考えていたその時。

徳永さんはたまたま家で見ていたテレビにくぎ付けになったのです。

そこには、「ラ・カンパネラ」を演奏するフジコ・ヘミングさんの姿が

フジコ・ヘミングとは

本名:本名ゲオルギー=ヘミング・イングリッド・フジコ生年月日:1932年12月5日(2021年11月現在 88歳)

父親はロシア系スウェーデン人画家・建築家で、母親は日本人ピアニスト。
ベルリン生まれ、日本育ち。5歳から母にピアノを習い始めた。

東京藝術大学卒業後、国立ベルリン音楽大学(現:ベルリン芸術大学)へ留学

幾多もの苦難を乗り越え、88歳になった今もなお、世界中で活躍するピアニストです。

「何という素晴らしい音色なんだ!」と感動した徳永さん。

「よし!俺もこの曲をピアノで弾けるようになりたい!」と決意するのです。

その時、徳永さんは52歳。

音大を出ていた奥さんの持つ「ラ・カンパネラ」の楽譜を
さっそく見てみたのですが。。。

全く何が何だか、理解ができません。

それもそのはず、「ラ・カンパネラ」はプロの
ピアニストでも敬遠するほど、難曲中の難曲なのです。

 

普通ならそこで諦めてしまうところですが、徳永さんは
色々と考えたり調べたりした結果、YouTube動画を
見ながら練習することを思いつきます!

その動画は、ピアノの鍵盤が映っていて、
「ラ・カンパネラ」の曲に合わせて弾く場所が光るようになっていたのです。

「これなら、楽譜が読めなくても大丈夫だ!」

徳永さんは、その光る鍵盤を一音一音、指に記憶していきます。

来る日も来る日も毎日8時間、7年もの歳月をかけて練習を続け、
ついにこの曲をマスターしたのです!

カンパネラ,ピアノ練習法,YouTube,動画,海苔漁師,徳永義昭,フジコ,ヘミング,さんま

全くピアノを触ったことすらない、ごく普通の海苔漁師である
徳永義昭さんが52歳から練習をはじめ、この曲を弾けるようになり

さらに、先ほどお伝えした妹さんが偶然テレビ取材を受け、
徳永さんが番組から夢をかなえてもらえることに!!

なんと、世界的ピアニストであるフジコ・ヘミングさんに
直接お会いし、実際にピアノを聴いてもらうことができた!
という奇跡のようなお話なのです!

毎日の努力に疲れたら、こちらの記事をチェック♪https://comeonaging.com/2693/

カンパネラおじさんのピアノ練習法がすごい!使ったYouTube動画はどれ?

本当に奇跡のようなお話だったのですが、何といっても一番気になったこと。

それは、全くのピアノ経験なし、ド素人の徳永さんが、
プロピアニストでも避けるほど難しい曲
「ラ・カンパネラ」を習得した練習方法です。

いったいどんなYouTube動画をつかって練習したのでしょうか?

それが、こちらの動画になります!


確かにこれなら楽譜が読めなくても練習ができる…?

いえ、これかなり大変ですよね!!

「ラ・カンパネラ」は6分以上もの演奏時間です。

それを右手のこの指、次はこの指…と一音一音覚えていくのですから、
気が遠くなる作業です。

これを毎日8時間&7年間やり遂げた徳永さんは本当に凄いですね!

カンパネラおじさん・徳永義昭の奥さんはどんな人?

徳永義昭さんの奥様の千恵子さんは音大をご卒業され、
ご自宅でピアノ教室を開いていらっしゃいます。

なるほど、それでお家にピアノや楽譜があったのですね!

奥様も、まさかご主人の義昭さんがピアノに興味をもち、
しかも難曲である「ラ・カンパネラ」を素人ながら
1人で練習し、弾けるようになるとは思いもしなかったことでしょう。

でもきっと、これも運命だったのかもしれませんね!

現在の徳永さんは、全日本ピアノコンクールに出場し入賞されたり、
たくさんのテレビ番組で取材を受けて一躍有名になりました。

そうして、各地でも引っ張りだこの、海苔漁師ピアニストが誕生したのでした!

カンパネラおじさん徳永義昭 夢への道【まとめ】

いかがでしたか?

今回は、カンパネラおじさんこと、徳永義昭さんについてまとめてみました!

以前、さんまさんの番組でフジコ・ヘミングさんに出会った時、
徳永さんは「いくつになっても夢は追いかければつかまる」
とおっしゃっていたのがとても感動的でした。

本当にそれを実現された徳永さんは、
まさしく素晴らしい努力の天才ですね!

これからのご活躍にも期待です!!

▼ フジコ・ヘミングさんの人生譜にも感動です

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました