~ いくつになっても魅力あふれる毎日を ~

はじめのご挨拶 ~ にゃんくるないさー ~

学習支援 サポートにゃんくるないさー
にゃんくるないさー

こんにちは! 先生業20年以上のびーちゃむです。 ご覧いただき、ありがとうございます!!

はじめに

こちらをご覧くださったあなたは、子育てのことやお子さんの成長や家庭学習について、何か心配事があったり、子どものために何かできるはず!と考えている、頑張り屋お母さんなんだと思います。

私もシングルマザーで子育て真っただ中の時は、同じでした。発達障害のグレーか?と疑ってしまうことが多々ある子で、本当いろいろありました!(そのうち、エピソードも紹介できればと考えています)

それでも天真爛漫に伸び伸びスクスク育ち、東京の某有名大学にセンター3教科で一発合格して、無事に親元を巣立っていきました。(とは言っても、まだ経済的援助はしています。)

なので、今、私ができることは、子どもが選んだ生き方を応援すること!

子どもが大きくなった今では、反省することもありますが、大概のことには対処できる術を身につけ、思い起こせば、「にゃんくるないさー」だと思います。

 

「にゃんくるないさー」って?

何度か訪れた大好きな沖縄には、『なんくるないさー』という方言があります。

意味を調べてみると、単に「何とかなるさー」という楽観的見通しを持つだけではなく、「くじけずに正しい道を歩むべく努力すれば、いつか必ず良い日が来る」ということなんだそう。

それに、小さな子どもって猫みたいじゃないですか?自分の欲求に素直で、気まぐれで、わがままで、何にも染まっていなくて、愛らしい存在です。

猫の語源は「よく寝るコ」と聞いたことがありますが、まさしくよく遊び、よく食べ、よく寝る子ほど、猫みたいで愛おしいですよね。

だから、「にゃんくるないさー」

心おおらかに子育てを楽しんでほしいからなんです (n*´ω`*n)

 

先生歴の詳細

常に子どもと向き合うことを心掛けた子育て経験に併せ、20年以上、先生業もやってきて、分かりやすくて身につく指導をしてきました。

ついでに言えば、実はちっちゃい子、特に赤ちゃんの訴えていることを直感的に感じ取ることができるのも活かしてきました。

これまでの先生歴の詳細はというと…

女子体操指導員8年

学生時代に機械体操の選手から指導員に転向して、教え子はインターハイや国体、全国大会に出場し、結果を残しました。教え子たちは、その後、教員や夢の国のダンサーになるなどして、やりたいことを叶えていってます。

また、心臓病の手術歴がある子どもや、小児麻痺で障害が残った子どもには、体に負担なく基礎体力をつける体操を教えたりもしました。

幼児教室、小学校、インターナショナルプリスクールでの英語指導17年

過去にカナダとアメリカで生活していた経験と、アメリカで実際にアシスタントティーチャーをしてESL(第二外国語としての英語:English as a Second Language)の教え方を学んだ経験を活かして、幼児教室、小学校、プリスクールで英語を教えてきました。

小学校では延べ5000人以上に英語を教えてきたわけですが、最初は「英語わからん!」と苦手意識を持っていた子どもたちが、楽しみを見出し、コミュニケーションツールとして使えるようになったり、卒業して中学で英語を学び始めた時に、「なんか分かる!英語得意かも!」と報告に来てくれたのがうれしかったです。

幼児教室やプリスクールでは、英語に触れ始めるうえで、楽しく親子で楽しめる英語学習法を提案しました。中には親以外に懐かない子どもがいたり、発達障害の子もいましたが、心を通わせたり、子どものSOSをいち早くキャッチしていました。

小学校教諭・ALT向け英語指導法教授5年

実は、小学校の先生方も長期休暇期間に研修をしたり、各担当教科で勉強会をしているのですが、そんな研修会や勉強会において、「楽しく身につく英語の教え方」を教えていました。

また、同業者である英語の先生向けに積極的に公開授業や意見交換会も行い、「楽しい授業を提供できる先生」の育成もしていました。

小学基礎学(国・算・社)、中学・高校英語の家庭教師8年

小学校やプリスクールと並行して、小学生の国語・算数・社会の家庭教師、中学・高校英語の家庭教師もしています。

小学校で学ぶことは中学の学習のベースとなるので、ここで取りこぼすと中学で影響が出てくるんです。

発達障害児や学習障害児の家庭学習についても、オーダーメイドでサポート♪ 得意を伸ばして、不得意を克服していき、子どもたちの将来の可能性を伸ばしています。

一番長く教えた子は2~3歳から、小学1年から始めた子もいましたが、高校生クイズの常連校や難関大学などの志望校に進学したり、障害を持っていても就職して社会の一員となるなど、自分の夢を叶えようと空高く羽ばたいていき、本当うれしくて自然と涙が出ます。

 

あとがき

長くなりましたが、総合すると、「子どもの可能性は無限大!」ということです。

もちろん、親御さんの毎日の頑張りや先生方のサポートがあってこそだと思うので、育児や家庭学習の参考にしていただければ幸いです。

でも、本当に大変な時は一人で抱え込まずに、気軽にこちらから聞いてくださいね。家庭学習のご相談もOKです。

大丈夫、子どももあなたも成長してる! にゃんくるないさー♪

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました